スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サクラがまだ子犬だった頃、訓練所のお世話になったり、
躾の本などを読みあさったものだ。

ダメ犬とはダメ飼い主が作るらしく、
はじめからダメな犬などは居ないらしい。


サクラには幾つかの悪い癖がある。

*拾い食い。
*盗み食い。

拾い食いは私が先に見つければ、
『リーヴ、イット!』で未然に防げる。
万が一口に入っても、
『ダメ!』と対処が早ければ出す。

しかし夫がサクラの散歩に行くと、
(夫は景色や通行人を眺めている事が多いので)
『ダメ』と言う前に結構飲み込まれるらしい。(汗)

盗み食いは、食べられる物を置いて置かなければ
未然に防げるので最近は殆どないが、
私がうっかり置きっぱなしにしていたら分からない。


一番こまるのが、
*お友達ワンの飼い主さんのバッグやポケットあさり。

おやつを貰ったり、おもちゃを貸してもらったという
過去の記憶が鮮明に残っているらしく、
また、お友達の飼い主さんはママより優しい!
と言う事をよ~く知っているらしく、
少しでもお菓子やオモチャのにおいがすると
遊びそっちのけでお友達の飼い主さんの持ち物に
執着してしまう。


他にも、
*ヨダレをジャブジャブ流しながら食べ物がもらえないか?
と食事をしている人の周りでしばらく粘る。とか・・・

*散歩中、歩きたくない!!行きたくない!!と
立ち止まって動かなくなったり・・・とか・・・

でも酔うとついつい食べ物を与えてしまったり、
歩きたくない!と動かなくなると
ついついコースを変更してあげてしまったりする
自分達が悪いのだが。


しかも、サクラが年をとるにつれて
益々甘くなってきているような気がする。(^^;


だが、息子だけは今まで一度もテーブルから
食べ物を与えた事もなく、
散歩中動かなくなったり匂いとりをしようものなら
力関係をしっかり見せ付けてくれる。


なので、息子がリードを持つとご覧の通り!
20090107164916

サクラは多少ご不満なようですが・・・笑;


ちなみに息子はクールなAB型。(笑)




スポンサーサイト
 
コメントの投稿
secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。