スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
怖かった
3月11日。

その時私はお友達のリリママとルーイママと一緒に人形町にいました。

お目当てのお買い物をして、お昼を食べて、

人形焼き買ったりコロッケや惣菜を色々買って人形町散策をし、


『もうそろそろ帰る?』

『どこかでお茶しようか?』

なんて言いながら歩いていると・・・

地震に敏感なルーイママがいち早くその揺れに気づき、

ルーイママ:『揺れてるっ!!地震っ!!地震っ!!』

ボーっとしていた私もすぐに地震に気づくほど大きな揺れが始まり、

とりあえずコートのフードをかぶり、

ワケも分からず目の前にあった扉の取っ手にしがみつきながら、

(建物の)中に入ったほうが良いかな・・・?

なんてとっても初歩的な過ちを考えていました。


が、すぐにルーイママの、

ルーイママ:『建物から離れて!!道路!!道路!!』

の声に導かれ、道路の真ん中に出ました。

そして今まで自分がしがみついていたビルの古さぐあいに唖然となりながらも、

周りを見渡すと、すぐ目の前にそびえ立つ全面ミラーガラス?張りの高層ビルが

ゆらゆらと大きく揺れ、一枚一枚のミラーガラスが歪みながら揺れているのが

目に入りました。

何処へ逃げたら良いの!?と泣きそうになっていると・・・

ルーイママが再び、『低いとこ!低いとこ!』

と、自分達の居た場所から最も近くにあった最も背の低い建物の前の道路の真ん中まで

誘導してくれて、リリママと三人で移動しました。


すぐ目の前の街灯を見ると先端がグラリグラリと振り子のように揺れていて、

電線がぶらりと垂れ下がりユラユラ揺れて、頭の中は恐怖で一杯でした。


本当に長い地震でした。


やっと揺れが止まった後、今度は恐怖で身体が震えました。

私は、『もう、家に帰りたぁ~いっ!!』とただ叫ぶばかりで、

どうやって帰ったらよいのか?術も分からず、

ルーイママとリリママに頼り切るばかりでした。


地下鉄(地下)は怖いので、地上の電車の駅まで行こう!!

と言う事ですぐ目の前に止まっていたタクシーに乗り込み秋葉原まで移動したものの、

電車は走っているワケもなく・・・・汗

再び道路に戻ってくると、二回目の大きな地震!!


今度は低い建物など全くなく、四方を高層ビルに囲まれ、

交差点の真ん中に立ち、『早く止んで!!』と祈りながら

地震が止むのを待ちました。


その間、周りの高層ビルを見ると、ガラス張りのビルがあったり、

ブロック調壁のビルがあったり・・・古いものから新しいもの・・・

そのどれもが、ぐらぐらと大きく揺れていて、

今度こそ逃げ場がない!!と思いました。


本当に本当に怖かった。


早くこの場を去ろう!!


もうタクシーしかない!

と、タクシーを捕まえようと思ったものの・・・


全くタクシーが捕まえられず・・・


そこからずっと・・・歩き始める事になりました。

3時過ぎに秋葉原を出て・・・

歩いて歩いて歩いて・・・・

ニュースでやっていた帰宅難民の行列の中で何時間も歩き続けました。

ルーイママも私もフラット底のブーツを履いていましたが、

リリママは5cm程のピンヒールの様な細いヒールのブーツを履いて歩き続けました。


歩きながら家族の無事を確認しようにも、電話が全く繋がらない。

なんとかメールが送れるものの返信がこない。

それでも、私がいち早く家族の無事を確認する事ができました。

しかし、家で留守番しているサクラの様子が全く分からない。

実はどうしても気がかりな事が一つありました。

最悪命にかかわるかもしれない事。

それが、今回の地震で起こりうるかもしれない・・・

恐怖と不安で胸が張り裂けそうになりながら前進し続けました。

でも、その間、ご家族の無事をまだ確認できないのは

リリママもルーイママも同じ。

なのに、2人とも全く弱音を吐かず歩き続けていました。

ルーイママなんて、携帯の電源切れてたにも関わらず、

ルーイママ:『こう言う時は明るい事考えましょ!』と励ましてもくれました。

そして、おもむろに何かを握り締めたかと思うと・・・

人形町で買った手羽先のから揚げをムシャムシャとワイルドに食べ始めました。笑

ルーイママらしからぬその姿にリリママも私も大笑い!笑



それでもフッと沸いてくるサクラへの心配。

サクラの事を考え出すとどうしても悪い方へ悪い方へと

考えてしまい心配で心配で・・・何度も泣きごと言ってしまったのですが、

そんな私を責めることなく、

リリママはハイヒールのブーツを履いて、

寒さで腹痛を起こしながらも黙々と先頭を歩いて元気をくれて

ルーイママは冗談を言いながら気持ちをほぐしてくれて

長い時間を一緒に頑張ってくれました。感謝。


途中、何度か余震を感じたり、線路沿いに行列を作って歩く大勢の人達や

TVでしか見たことのないヘルメットを被った人達がアチコチにいる、

そんな異様な状況の中でも、頑張って歩けたのは、2人が一緒に居てくれたからだと

つくづく思いました。

第一、私1人じゃ、道、全然分からないし・・・(^^;



そして、歩き始めてから5時間ほど・・・・

既に感覚を失っていた足も、もう前に出すのも限界!!

と思えていた頃・・・

リリママのご主人が帰宅され車を出して迎えに来て下さいました。

そして、11時半頃、やっと帰宅する事ができました。


家に着くと、夫も息子もまだ帰っておらず、

電気が消えたままの我が家は真っ暗で・・・

暗がりの中、窓からサクラの姿を探すも見当たらず、

恐る恐る鍵を開け家の中に入り、

大声でサクラを呼ぶと・・・

二階からエッチラ、オッチラと眠そうな顔しながらも

尻尾をブンブン振って降りてきました。


その姿を見ると、ホッとしてまた全身が震えだし涙が出てしまいました。


ごめんね。サクラ。一人で怖かったでしょう。ごめんね・・・・



私の帰宅から30分ほど後に夫が、更に10分ほど後に息子が。

次々に帰宅をし、張り詰めていた気持ちがやっとほぐれ本当にホッとしました。



でも、TVをつけたら・・・・

現実とは思えないような恐ろしい映像が次々と放送され、

あまりにも悲しく辛い恐怖の映像に震え、胸が苦しくなりました。


今日も余震を感じています。


もう、これ以上被害が拡大しない事を!

そして、早く地震が止んでくれる事を!!

祈っています。

スポンサーサイト
 
よかった!
まだ土地勘が十分じゃないだろうから、
外出してなければいいなあなんて
心配していました。
大変だったみたいだけど
冷静なお友達と一緒の時でよかった。

「唐揚げは万が一に備えて、
とっておいた方がよかったんじゃないの?(笑)」
とは思うけど(笑)、
唐揚げパワーで歩けたかもしれないね~。

一人の時じゃなくてよかった!
サクママさんご一家、ご無事で良かった~!
数少ない私のブログ仲間であり、遠いけれど身近な存在であったご一家なので心配でたまりませんでした。
ご帰宅されるまで私の想像以上に大変やったと察しますが
何より、ご一家がご無事で良かったです。
サクラちゃんも、冷静にお留守番出来て偉かったね!

今回影響のなかった関西ですが、阪神淡路大震災で皆さんに救って頂いたので、今度は私たちが何か出来ないかそればかり考えています。


みきさん
心配有難うございます。
この日は初めて行く人形町と言う所、それも家からは相当離れたところにいたので、一人じゃ本当にどうにもならなかったと思います。
まして経験した事もない揺れにただただ怯えるばかりで何をどうしたらよいのか?1人だったら確実にパニックになっていた事と思います。

この日、私たちは相当食料を持っていました。(^^)私は、人形焼3個、コロッケ9個、から揚げ、軟骨揚げ、砂肝揚げ、パン、餅、芋菓子・・・と、お陰で荷物が多くただでさえ足が痛かったりしたのに腕もちぎれそうでした。汗
後で知りましたが、コンビニやパン屋など食べ物は何処も綺麗に売りつくされていたようです。
でも私たちは幸い食料だけは沢山持っていたので助かりました。

食べたほうが元気が出るよ!と言ってくれたのも、お友達でした。感謝
てみっこさん
心配して頂き有難うございます。

サクラは臆病なので相当怖かったことと思います。帰宅後、しばらくお話しするように鼻をならしていました。
怖かったんだよ・・・と訴えているようでした。
夜も道路を走るトラックの音やバイクの音に怯えていました。
でも今は落ち着いたようです(^^)

てみっこさんは阪神淡路大震災を経験されているんですね。
あの時も、現実とは思えない(思いたくない)映像をニュースで見て胸が痛みました。
復興まで本当に大変だったことと思います。

私も今自分が出来る事は?と考え、節電など小さな事からでも出来る事をやって行こうと思っています。
北海道も内陸はあまり強い地震がないので
ずいぶんと怖かったでしょう~
お友達が一緒でよかったですね。

日が経つにつれて明らかになる被害に言葉もありません。
助かったお年寄りなどを見ていると涙がでます。

余震も続きそうですからサクちゃんもご家族の皆さんもお気をつけください~
サクママ大丈夫かな?とメール送るも送受信も出来ない状態が続いてとても心配でいましたが
ご家族みんな大丈夫で安心しました。
お家にいてもそんな大きな地震があったら
不安なのに都会の高い建物に囲まれた中で
土地勘のない場所でとても不安だったでしょう。
一緒にいるお友達が頼りになるお友達でよかったね。
その後知った想像をこえる被害の大きさに
胸がつまって言葉が出てきません。
少しづつでも自分に出来ることをしていこうと思いました。
余震が続いてるのでサクママも気をつけてね。



えのちゃん
有難うございます。

本当に…テレビを見て毎日涙しています。
一日も早く多くの人々が助けられる事を祈るばかりです。

サクラは元々臆病な方なんですが、
やはりトラウマになっているようで
小さな生活音にも敏感に反応してます。
人間でもこんなに怖かったのだから…
一人ぼっちで恐怖と闘っていたのかと思うと
胸が痛みます。
出来るだけのんびりお散歩に連れて行ったりしてあげています。
moeはは
有難う。メール送ってくれてたんですね。
あの日はずっと通信網マヒして、私も家族の無事をどうしたら確認出来るだろう?と歩きながらあの手この手で頑張ってました。後でしったのですが、若い子達はミクシーでやりとりしていたようです。家族ともマイミクになるとか何か手段を予め確認とりあっておかなきゃとつくづく思いました。
Sちゃんやmikiちゃんとは確認とれましたか?2人とも大丈夫でしたか?

テレビで毎日放送されている現実とは思えない(思いたく無い)状況を知るたびに涙がでますね。
東京も余震が続いていますが、小さな余震でも
その都度、あの大きな地震を思い出し怖くなります。
被害のなかった私たちでさえこの恐怖なのだから、
被害にあわれた方々は不便な生活の中でどれ程の
恐怖と闘っているのだろう…と、本当に胸がつまる思いですね。
私も家の中でジャンバー着たり厚着して夜も暖房を止めたりしてます。
出来る事をやっていかなければ‼
ふたりとも大丈夫でした。
Sちゃんは会社から歩いたら2時間半ほどかかるのにタンタンの事が心配で1時間ほどでついたそうな・・・・。
タンタンは『ここに物が落ちたりしてあなたのいない間こんな事が起きてとても大変だった』と家の中を案内して歩いていたとか。
mikiちゃんはお家に帰れないご両親の子供を預かり面倒をみていたそう。
きっと子供もご両親も離れていて心配だったと思うけどmikiちゃんなら安心して預けられるし巧みな話術で預かった子の心配を紛らわせていたんじゃないかなって思います。

地震だけじゃなく原発の問題も出てきて不安な日々を過ごしていることでしょうね。
小さいことでもみんながやればとっても大きな力になると思うので出来ることから私もやっていこうと思います。
本当に頑張ったよね!
友人のご主人が同じ所にいたそうで、(着物、てぬぐい屋をやってる)あの長いビルぐらぐらを見て、浦安の自宅にたどり着いて興奮して訴えてきたと言ってました。
でも、埋め立て地なので家は傾き、道路は液状化で、でこぼこ道の泥の掃除で大変だそう!きっと都市部でも報道されてないけどいろいろあると思うよ。
歩いたため、今頃体にガタがきてなんにもやる気しません。なにも被害がなかったのに感謝です。
でも、すぐに見きりをつけて歩き始めたからあの時間に帰れたけど、そのうち動くだろうと待ってた友達や、仕事終わってから帰ろうとかした友人は、もっと大変だったみたい。
道ももっと混んで歩くのに進まなかったと言ってました。
タクシーも、リーゼントの運転手さん逃したのは残念と思ってたけど、新宿から3万もかかった人もいて、人形町からあの渋滞なら・・5.6万コースかしら?と思ったら、私達すごく得した気分じゃない~?
ま、結果オーライってコトで・・(どこまでポジティブなんでしょう~)
ひたすら、節電、買い控え、募金に励むことにします。
お肉もなくなってきたけど、ダイエットだと思って・・(笑)
この辺は田舎だけど地盤固いのと緑があるのがとりえだから・・よかったね!
moeはは
SちゃんもMikiちゃんも無事で良かったです!!
タンタンも一人で怖かったんだろうねぇ~・・・でもすぐに帰宅できて良かったね。
Mikiちゃんも自身だって怖かっただろうに、子供達のお世話頑張ってたんだね。・・・預けたお母さんにしてみたら涙が出るほど感謝感謝だね。Mikiちゃんの話術なら子供達も安心できただろうね~。

ほんとほんと!
一人一人の小さな力も集まったらきっと大きな力となると信じてます!
ルーイママ
筋肉痛や身体の方はもう治りましたか?
私もあの日よりも日を追ってどんどんアチコチ痛みが出始めました(^^;年をとると一日おいて筋肉痛がくるなんて聞いていたけど・・・本当なんですね・・・シミジミ・・・(^^;
でも今はすっかり良くなりました(^^)

お友達のご主人も人形町にいらしたんですね。あのビル、本当に怖かったよねぇ~。あのガラス、外貼りなのか?一枚一枚ばらばらに揺れてましたよねぇ~?パラパラ~ヒラヒラ~って落ちてきたらどうしよぉ~?って本当に怖かった。

タクシーもあれじゃ動かなかったでしょうね。もし5~6万!!もしてたら・・・私たち、自分の足でかなり稼ぎましたね!(^^)あの運転手の顔は一生忘れないでしょうけど・・・笑

我が家も日々必要な分だけを最小限に買うようにしています。
ガソリンも、被災地への救援物資のトラックや被災地から避難される方など優先してあげて欲しいですね!なぜあんなに並ばなければならなのか・・・今すぐそんなに必要なの?って・・・悲しくなりますね。
コメントの投稿
secret



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。